疲労回復と免疫力アップのためにチャレンジ中

疲労回復と免疫力アップのためにチャレンジ中

私は30代の主婦です。年齢とともに疲れがたまってきたと感じることが多くなりました。子育て中ということもあり、様々な場所へ出かけることが増えました。休む暇がないような生活で日々時間に追われています。肩こりや冷え性といった症状は昔からありましたが、年とともにひどくなりつつあるのを感じます。健康にも大変興味を持ちはじめました。そんな時に両親がよく青汁を飲んでいたことを思い出しました。私は小さいころ、青汁のことを緑色した飲み物で気持ち悪いと思っていました。しかし、健康や体のことを調べていくと青汁の栄養成分がとても体にいいことを知りました。青汁は、栄養成分のよさとデトックスやアンチエイジングなど効果の期待が大きく、これまでの長いロングセラーを続けている理由がやっとわかった気がしました。

 

夏場に私の両親は、栄養バランス補助食品として粉末の青汁をお水で溶かして飲んでいました。昔だったので、飲むときに苦い顔をして一気に飲んでいたのを思い出します。私も健康について興味をもってから、青汁の苦さがちょっと嫌だなと敬遠していました。しかし、青汁について調べていくと苦みを感じないというキャッチフレーズをよく見かけます。半信半疑で、サンプルを取り寄せて試してみることにしました。粉末状の青汁を水で溶かして飲むと、苦そうな匂いは感じません.口に入れてみると、抹茶や緑茶の匂いににた葉っぱの匂いがしました。飲み口もさっぱりしていて、緑茶がわりでもまったく飲めるおいしさでした。私の苦そうなイメージが無くなりました。本当にびっくりでした。

 

私は、毎朝お茶を飲んでいます。ですが、今では青汁に変えました。毎日摂取していますが、毎日続けられる飲みやすさで全く苦になりません。続けてまだ半年足らずですが、体調の変化は劇的には変わっていません。ですが、免疫力がアップしたせいか風邪をひかなくなりました。子供が風邪をひくと、看病する私も風邪をひくことがたびたびありました。子供から感染した風邪は、かなり長引くことが多く自分の免疫力が低下しているのを感じることがありました。しかし、風邪をひかなくなったと感じた時に青汁を飲んでいること以外なにも変化がないので、私は青汁のおかげだと感じています。

 

私は、薬やサプリメントと違って忘れることなく飲み続ける習慣がついているので、生活の一部として青汁を摂取し続けています。免疫力がアップしたこともあって、疲れやすさやだるさを感じるときが少なくなってきていることも感じています。ウォーキングなどの運動やストレッチをはじめたことも、疲労回復に関連していると思います。だるさや疲れの解消は、自分の体力を鍛えることも必要だと思ったからです。そして今後も栄養補助食品として青汁を飲み続けることで、ますます健康な体に近づけるよう努力していきたいです。